未経験から不動産の買い付けを学んだ

私は不動産の知識などまったくないまま入社しましたが、最初にすべて詰め込まれる研修ではなく、仕事をする中で上司がしっかりサポートしてくれたり、勉強会を実施してくれたりしたので、無理なく業務を身につけることができました。初心者からでも安心して働ける環境が整っていると思います。

入社3年目の現在は、飲食店などが入居できる商業ビルや店舗物件、土地の買い付けをメイン業務として行っています。不動産業者様から物件の売買情報を入手し、購入を検討します。ビル一棟を買う場合などは億単位の案件になるため、設備などさまざまな細かい部分まで調査し入念に考え、失敗しない買い物かどうかを慎重に見極めなければなりません。多岐にわたる知識が必要な仕事です。

自分がプロデュースしたビルができる。ロマンある仕事

土地や建物を購入した際には、そこにどんな店舗が入居すれば、人の流れが生まれ街が活気づくかなど、ずっと先の未来まで考えていきます。こうしてひとつのビルが出来上がっていく過程に携われることは、楽しさとやりがいにつながっています。

「このビルは私がプロデュースしたんだ」と言えるビルを作れる、夢のある仕事です。
学生時代に思い描いていた自分をはるかに超えた規模の仕事をしていると思いますし、賃貸専門、売買専門、管理専門のような単一カテゴリーを扱う不動産企業ではなく、店舗流通ネットだからこそできる仕事とそれによる成長があることを日々実感しています。

仕事をする中で街を見る時の新しい視点が生まれた

営業をする中では、不動産業者様と信頼関係が構築できて、「いい物件が入ってきました!」と誰よりも先に情報を教えてくれた時には嬉しさを覚えます。

店舗が盛業できるビルや物件を買い付ける営業なので、さまざまな業態の店舗の話ができなければ格好がつきません。そのため、不動産だけでなく、飲食店や美容の流行情報なども積極的にリサーチするようにしています。部署を超えて話しやすい環境もあるので、他部署に気軽に動向を聞くことができています。
プライベートでも街やビルを見る視点が変わり、自分の見える世界が広がりました。といっても土日祝はしっかりと休んで、メリハリをもって働いています。

エントリー

ENTRY

2023年度新卒採用エントリーを
受け付けております。

エントリー後、担当者からメールをご送付いたします。

more

OTHERS

他のインタビュー