2019年内定者
2019年内定者インタビュー

INDEX

先輩社員の印象はどうでしたか? この会社に入社を決めた理由は? 自分はなぜ採用されたと思いますか?面接で意識したポイントは? この会社の魅力は? 就活中の軸はなんでしたか?

Q1. 先輩社員の印象はどうでしたか?

KOUTA

想像を超えていました。高層ビルで働く人は堅い印象だったんですが、先輩方に会ったら笑わせてくれる環境で、それがいいなと思いました。でもバシッと決めるところは決めて、心に刺さる言葉をくださる先輩方がかっこ良いなと思いました。

NAO

会社の良い所も悪い所も包み隠さず話してくれ、学生だからと下に見ず対等な立場で、フランクに話をしてくれたのが好印象でした。

HARUKA

やらされているのではなく、自分達で積極的にやりたいことを実行している印象でした。社長も社員もどの会社よりも楽しそうに仕事をしているように感じました。

Q2. この会社に入社を決めた理由は?

NAO

若手にも挑戦させてくれる環境があると感じ、若いうちから仕事を任せられたり主体的に取り組むのはきっと大変で厳しいけど、だからこそのやりがいや成長できる環境が自分の希望に一番あっていると思ったからです。

KOUTA

将来定年後に焼き鳥屋をやりたくて、飲食店に関わる業種を探していて興味を持ちました。似たような業種の会社を何社か見ましたが、店舗流通ネットの雰囲気や印象が良かったこと、個人の考えを大事にしている所に惹かれ入社を決めました。

AYAKA

業務内容に興味があったのと、面接時に社員の印象や人柄に惹かれてこの会社にしようと思いました。

HARUKA

ビジネスモデルが珍しいことと、ただの出店支援だけではなくその影響が街の活性化にもつながることに会社の可能性を感じたからです。また、今回「人事職」で募集があり、この会社で働く人達を採用するというチャレンジをしてみたいと思ったのがきっかけです。

Q3. 自分はなぜ採用されたと思いますか?面接で意識したポイントは?

HARUKA

変に緊張せず笑顔でいられた事、正直にありのままを話せたことだと思います。自己PRは頑張った事実よりもそれを達成する為に何をどのようにしてきたかというプロセスを話すよう意識しました。

AYAKA

負けず嫌いなところを評価してくれたのかなと思います。面接時は、話を大きくしすぎないことと嘘をつかないことを心掛けていました。以前面接時に話を盛ったら辻褄が合わなくなってしまって、話の着地に苦労したんです。それからは本当のことを素直に喋りました。

KOUTA

どうしてもこの会社がいい!ここで頑張りたい!という思いが伝えられたからだと思います。意識したことは、自身の強みなど言おうと決めていたことは話す内容を決めて行きました。逆面接は、ちゃんと納得できる回答が返ってきてそこまで答えてくださるんだと驚きました。

Q4. この会社の魅力は?

AYAKA

ワンフロアのオフィスは間仕切りもなく社長も居て、その距離感の近さがすごく好きでした。他社の面接を受けた際、全社員と顔を合わせられないようなオフィスもあったため、円滑なコミュニケーションがとれそうなオフィスで安心しました。

NAO

営業させていただくお客様は経営者の方といったあまり出会えない方と仕事ができることが、とても魅力的でした。それによって若いうちからたくさんの経験や知識を身につけられることも魅力のひとつでした。

Q5. 就活中の軸はなんでしたか?

KOUTA

やってみたい!と思う好奇心に当てはまるか、あとは直感もありました。自分の直感に合わないとどこかでぼろが出ちゃうというか、途中で断念してしまうように感じてしまって、今までに経験した出来事に基づいて感じた結果が直感だと思うので。

HARUKA

面接をしていく中で、社員の方、人事の方が言っている一言一言に自分が100パーセント共感できるかを大事にしていました。

AYAKA

個性を大事にする会社かどうかを見ていました。個々の価値観を大事にしている会社は、それだけ新たな価値を生み出す可能性があると思ったからです。また、自分自身もその環境に身を置いた時に、新しい刺激によってより成長できると考えていました。

ENTRY

エントリー

エントリーはマイナビにて受け付けております。

説明会、インターンシップ※のご予約等もこちらよりお願いいたします。


※インターンシップは、開催時期により受付時期が異なります。

more