海外でグローバルにビジネスを展開

私が立ち上げたプロダクト課は、国内外問わず、人材の紹介をメインに事業を展開しています。海外の方向けには、日本で働くために必要となる「特定技能ビザ」の取得に向けた学習を支援するなど、さまざまな就労支援を行っています。

グローバルにビジネスを展開していく中で、日本と海外に大きな隔たりを感じることはないですが、文化の違いへの対応は今でも苦労する部分があります。
特に教育です。人材を紹介して終わりではなく、入社後の定着率を上げるためアフターフォローも行うのですが、それが想像以上に大変でした。

育った環境や文化が違うので一筋縄にはいきませんが、海外の人材にとっても、その働き手の受け入れ先にとってもwin-winになれるよう導いています。

人材不足という大きな社会課題へ取り組む

プロダクト課が取り組む人材事業は、日本の社会問題の解決にも通じています。
日本では、少子高齢化が進み労働人口が減少していますが、外国人採用はその問題を解決するひとつの糸口になるのです。

飲食業界もそうですが、農業や林業など、人材を欲する企業は多くあります。海外の方もまた、「日本で学んだ技術を自国で生かしたい」など、それぞれが思いを抱いて日本に来ています。

双方の課題を解決し街を活気づけることにより、コーポレートスローガン「明日の街、もっと楽しく。」を実現することが、私たちに託された社会貢献だと感じています。

風通しのよい環境で新規事業に挑む

プロダクト課は、メンバー各個人の役割が明確で、それぞれが課題を持って業務に取り組んでいます。チームのトップが自分で判断して、自らの成果につなげるという概念はなく、皆でプロダクトを創り出していくチームです。
新しいメンバーが入ってきて、私を超えて行くくらいの勢いがあると嬉しくなりますね。「入社してよかった」と思える雰囲気にしたいと思っています。

私がこのプロダクト課を立ち上げたように、何かを成し遂げたいという思いがあればいつでも社長に話を聞いてもらえるため、新しいことにチャレンジしやすい環境だと思います。

エントリー

ENTRY

2023年度新卒採用エントリーを
受け付けております。

エントリー後、担当者からメールをご送付いたします。

more

OTHERS

他のインタビュー